男性用ボディソープランキング | 本気で選んだ厳選TOP5とは?

男性用ボディソープを本気で選んでみませんか?

とは言っても加齢臭などの対策としてどんなボディソープが良いのか見定めるのも中々難しいですよね。

実は私その点で、自分の体臭を会社内で指摘されるという恥ずかしい経験から、必死に男性用ボディソープを探しては比較し、色々試した実績があります。

その貴重な経験を元に男性用ボディソープのランキングを整理しましたので、もし体臭が気になっているようでしたらチェックしてみてはいかがでしょうか。

このランキング結果にも反映されていますが、色々試して分かったことの1つとして、市販の男性用石鹸などでは消臭対策は難しいと感じました。

今回その理由や、そもそもの加齢臭についての知識なども詳しく書きましたので、正しい男性用ボディソープ選びの参考にしていただければと思います。

そして、嫌な臭いで周りに迷惑をかけず、精神的にも不安を払拭できるよう加齢臭を退治してやりましょう!

体臭=スメハラ?

加齢臭や嫌なニオイって本人が1番分かっていないものなんですよね…

「スメハラ」という言葉も特に最近見かけるようになりました。

 スメルハラスメント(smell harassment)

臭いで周囲の人を不快にさせる嫌がらせという解釈になります。本人はそんなつもりはないんですけどね(汗)

加齢臭は自分だけが気づかない?

実は自分が思っている以上に加齢臭が周囲の迷惑になっている可能性がありますので、家族や友人、会社関係を含めて周囲に迷惑をかけないために早めに改善するのがベターです。

会社で「クサイ人」というのが定着するのも厳しいですからね(汗)

ただ、いざ加齢臭対策をしようと思っても、どういう方法が良いのか難しいかもしれませんので今回男性用の臭いについて次の点をまとめました。

icon-check-square そもそも体臭の原因は何?

icon-check-square 加齢臭対策の基本

icon-check-square 習慣として気を付ける点

もし少しでも自分の体臭が気になっているようでしたら、すぐにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ランキング1位の男性用ボディソープはこちら。

>>男性用ランキング1位デオシークボディソープ

加齢臭は30歳を過ぎると誰でも出る

体臭が自分で気にならないとしても、次のような経験があるならちょっと危険信号かもしれません。

周りの人からそれとなく体臭について言われた経験がある

周りの人がちょっと臭いを嫌がる仕草をした経験がある

これらの場合はもしかすると、あなたのニオイが周りに迷惑をかけている可能性があります。

なぜなら、誰でも30歳を過ぎると体からクサいニオイが出ると言われているからです。

加齢臭の原因

そもそも加齢臭の原因は何か?・・・対策をするためにも知っておく必要があると思いませんか。

このニオイには原因物質があります。それは、

「ノネナール」

正式な名称は【2-ノネナール・C9H16O】

このノネナールという物質は、脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)と過酸化脂肪が結びついて酸化するために発生します。

脂肪酸は皮膚の表面の毛穴にある皮脂腺から分泌されますが、これが年齢を重ねると増加するため、若い人より中高年になってニオイがきつくなるのです。

実は男性だけでなく女性でも40歳を過ぎる頃からノネナールが発生すると言われていますので、ある程度の年齢になったら男性に限らず男女ともに気を付けないといけないんですよね。

とはいえ特に男性の場合は、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多いため、やはり女性よりも注意が必要です。

男性用加齢臭対策の基本

では男性用のニオイ対策、ボディケアはどうすればいいの?

男性特有の男臭や体臭の対策として、ドラッグストアなどでも市販の男性用消臭グッズがいろいろ販売されています。

汗取りシートや体を洗うための固形石鹸、ボディシャンプー、ボディソープなどなど。

その他、香水でニオイを変える方法もありますが、根本的な体臭、加齢臭対策になりませんので、まずは体を洗浄することから始めるべきだと思いませんか?

体を綺麗に洗いたい

体臭予防の意味で普段から体を綺麗に洗うことが基本になります。とはいえ商品は様々あって男性用の中でもどのボディソープが良いのか分からないですよね。

せっかく対策するなら一番効果的なボディソープが良いと思うのは自然な考えです。

なにより、中途半端に対策しても、周りが迷惑に感じているなら対策になっていませんからね(汗)

体を洗う際の注目成分

体を綺麗に洗うための注目成分についてピックアップしました。

柿タンニン、イソプロピルメチルフェノール(o-シメン-5-オール)、グリチルリチン酸ジカリウム、クマザサエキス、シャクヤクエキス、チャエキス、ユーカリエキス、ルイボスエキス、ローズマリーエキスなど。

そして、成分については肌のことを考えると「無添加」製品であることが望ましいです。

さらに、保湿成分(ヒアルロン酸など)も実は大事なんですよね。

保湿とニオイ

肌に潤いがない状態だと、体内のニオイが毛穴から放出されやすくなると言われています。

ですので、良いボディソープを使ったとしても体を洗う時に頑張り過ぎてゴシゴシと力を入れすぎるのは実は逆効果なのです。

この「保湿」についてシッカリと考えられた体臭対策商品って意外と少ないんですよね。

市販のお安い商品だと、そこまで成分を配合できないとか、どうしても限界があるのでしょう。

男性用体臭対策の根本的な考え方

男性用の体臭の原因や改善方法について整理しましたが、いかがだったでしょうか?

自分の体臭はなかなか気づかないものです。だからこそ意識して加齢臭対策を行うことが大事ですよね。

また、ニオイは別の香りでごまかすのでなく、体を綺麗に洗浄することが体臭対策の第一歩になります。

そのためにボディソープの成分をチェックしながらどの商品で体を洗うかランキングを参考にしたり比較検討するのも大事です。

専門のボディソープは他の市販のシャンプーなどと比べて料金はややお高めかもしれませんが、洗浄成分をチェックして商品を選ぶことも大事になります。

体を綺麗に洗浄するために何が一番良いのかという基準で判断してみてはいかがでしょうか。

ランキング1位の男性用ボディソープはこちら

>>ランキング1位デオシークボディソープ公式ページ

ニオイは誰でも出てくる

女性もそうですが男性の場合は特に年齢を重ねると誰でも必ず体臭が出てきますので、あなたに限らず誰でも起こり得る悩みです。

「自分だけがクサい?」と落ち込む必要はないわけですね。

大事なことは、体臭の対策をどうするか?という話です。

誰でも体の臭いはするものだという点を受け止めて、するべきことは正しい体臭対策。

なぜ対策が大事と言えば、体臭は周りに迷惑をかけるからですね。

いかがでしょう、あなたは周りに迷惑をかけていませんか?

今回のボディソープランキングも参考になると思いますので、加齢臭対策の1つとして、まずは男性用ボディソープから自分に合いそうな商品を選んでみてはいかがでしょうか。

体臭対策のニオイケア

市販のボディソープを買ったけど効き目がなくてガッカリする事はありませんか。

今回の男性用ボディソープランキング上位となった商品は、市販のお安い商品ではありませんが、値段を重視するか、消臭効果を重視するか。

その見極めがポイントです。

シッカリと消臭効果がある男性用ボディソープがあるとしたら、試してみたいと思いませんか。

効果のない市販のものにいくらお金をかけても、無駄になるかもしれない・・・と思うと、改めてしっかり考える必要があるかもしれません。

男性用ボディソープランキングについて

当サイトでは、最近のボディソープ商品の動向など市場調査のうえ、独自の人気度を集計してランキングをまとめました。男性用のボディソープとして口コミや評価など総合的に取り入れたランキングですが、独自の視点であることはご了承願います。

体臭の原因の1つノネナールの詳細

ノネナール成分

体の臭いとはまず「ノネナール」という皮脂が酸化した物質の発生が欠かせません。

皮脂は通常なら肌の乾燥を防いで自然な潤いを与える働きがありますが、年齢を重ねると脂肪酸や過酸化脂質が増加します。

若ければ新陳代謝の活動で増加する物質を対応できますが、新陳代謝が落ちた影響で増加した物質は酸化していき、どんどん増えていきます。

これが「ノネナール」ですが、「ノネナール」だけでは加齢臭は発生しません。

嫌な男臭

「ノネナール」に加えて口臭、体臭にタバコの匂い、また汗を吸収した衣類を細菌が増殖させるまで放っておくと様々な臭いが混じり合った結果として男性特有の嫌なニオイを作り出しています。

逆に言えば身だしなみや体や衣服を清潔に保たれていれば臭いはしません。

そんな男性の体臭は「くさい」と言われていますが、個人によって臭いが異なる場合があります。

これは臭いを放つ物質や嗅覚の問題ではなく、単純に個人の感覚による差の話です。

そのため様々な表現がされています。

蝋燭や新聞紙の臭い、酸化した油の臭い、ブルーチーズのような独特な臭いなどが挙げられます。

ただ「くさい」臭いに共通している点があります。

それは重たい油の臭い、青臭さ、酸っぱさです。

この3つの臭いがしたら加齢臭だと言えます。

そんなニオイをそのまま放置状態だと周りが非常に迷惑しますので、早めの対策が肝心です。

男性特有の臭いを消すために市販の消臭スプレーは期待できない

男性特有の嫌な臭いが気になっている場合、市販されている消臭スプレーで消そうと思っていませんか。

そもそもどのような仕組みで加齢とともに嫌なニオイがするようになるのかを知ると、もっと専門的な消臭剤でないと厳しいと思うでしょう。

ニオイのおさらい

40歳くらいになると体内にノネナールという物質ができます。そのノネナールが体内にあるだけなら臭いはしません。

しかし、汗と一緒に体外へ排出されます。だから、皮脂腺が多い場所は特に強い臭いがします。

よく洋服に汗じみが付きませんか。そういう場所は要注意です。

しかも、ノネナールは普通の石鹸で体を洗っても普通の洗剤で洋服を洗濯しても簡単には取れません。

そこで、消臭スプレーを付けたとしても根本的な加齢臭対策ではないのであまり効果がありません。

男性用のニオイ専用商品

加齢臭専用の石鹸や洗剤、男性用ボディーソープなど専門性のあるもの使えば対策としてかなり有効な手段と言えます。

抗菌や殺菌効果があるので、消臭スプレーよりもずっと効果を実感できるでしょう。

今では男性用ボディソープも増えてきて複数のメーカーから発売されています。

通販で購入できるので、誰にも知られることなく購入することもできます。

加齢によって自然と生じる臭いですが、ストレスをためず、栄養バランスの整った食事を心がけることでも嫌なニオイを防ぐことができるので、できることから始めるのが良いですね。

ワキガの人は体臭を消せないの?

ワキガの方はワキにアポクリン汗腺と呼ばれるものが集中しているため、根本的に体臭を改善するためには手術をしてアポクリン汗腺を無くす必要があります。

手術の方法としては、ワキに存在するアポクリン汗腺をメスで除去する方法や、レーザー治療で汗腺を焼くという方法があります。

他にもボトックス注射をすることで汗の分泌量を抑えることができます。

ただ、手術の方法以外にも臭いを緩和することができます。

ワキガの場合に手術以外にも方法はある

ワキガ臭に悩んでいる場合、根本的なワキガの治療をする方法として1つは手術によってアポクリン汗腺を取り除くことが必要となりますが、手術は傷痕が残る可能性やダウンタイムの心配があり、踏み切るのが難しいケースも多くあります。

そのような場合は、他にも症状の重さによって様々な治療法があります。

アルコール、重曹や、ミョウバンなど

ワキガの臭いが強くなってしまう原因としては、アポクリン汗腺から分泌された汗を菌が分解するためとなります。

この菌の発生を抑えて臭いを緩和することができ、菌の繁殖を抑えるためのデオドラント商品は男性用も女性用もさまざまな物が販売されています。

アルコールで菌の繁殖を抑えるという方法もあり、臭いを消す有効な方法となりますが、皮膚がかぶれてしまう可能性があるので、殺菌効果がある重曹やミョウバンを使うというのがおすすめとなります。

重曹やミョウバンの使い方としては、湯船に入れて溶かしたり、お水で溶かしてスプレーにしてワキに吹きかけるという方法になります。

食事なども気を付けるポイント

食事から臭いを緩和することもできると言われています。

脂質や動物性のタンパク質を摂り過ぎてしまうと、臭いが強くなってしまう成分を分泌しやすくなるため、それらの摂取を控えて臭いを抑えることができます。

塗り薬や飲み薬

軽度の臭いの場合は、塗り薬や飲み薬を利用して治療する方法があります。

主に用いられるものに、塩化アルミニウム液の塗布があります。

ティッシュやコットンなどに染み込ませて臭いの気になるところに塗ります。

基本的には制汗剤ですが、軽度のワキガの場合は効果を発揮します。

また、汗の分泌を抑える臭化プロバンテリンや精神、自律神経に働きかける内服薬を用いる場合もあります。

ボトックス注射

軽度から中程度のワキガの場合は、手術ではなくボトックス注射によって汗を出すときの伝達物質の一部を抑制し、一時的に発汗を抑えることで臭いの対策をする方法があります。

この治療は主にエクリン腺の発汗に作用することから、ワキガと多汗症を併発している場合に効果を現します。

また、不安などの精神的な要因による多汗症に特に効果的です。

電気代凝固法

電気代凝固法という治療では、脇の毛穴から刺した針に高周波電流を流し、脇の脱毛とアポクリン汗腺、皮脂腺の破壊を行います。

ワキガの治療と脱毛を一緒に行える治療法です。

このようにいくつかある治療法ですが、手術などはどうしても決心がつかない場合、別の方法として手軽に試せるのがデオドラントクリームや男性用ボディソープなどの対策商品です。

悩みも深くなると気持ちの面でも大変ですので、早めに試してみるのが良いと思います。

女性は臭いに敏感な人が多い?

周りの女性から「クサい男」というレッテルを貼られてしまうと何かと物事がうまく行かない可能性がありますので注意が必要です。

職場でも敬遠されるようになり、コミュニケーションがスムーズに取れないとか。

評判が悪くなり、人間性そのものも落ちる可能性もありますからね。

私の周りだけかもしれませんが、 特に女性は臭いに敏感な人が多いように感じます。

嗅覚センサーでクンクンやってる時もありますので(笑)

自分の臭いではないかとヒヤヒヤです。

実際、自分の体臭が周囲に迷惑をかけているのであれば、男性用ボディソープなどで至急対策してその事態を改善しなければ、社内の立場だけでなく社外の付き合いがある場合は、そのことも注意しなければいけませんからね。

例えば取引先の人にニオイのこと嫌な思いをさせているとしたら、それは個人の問題だけでなく会社として損失を出している可能性も考えられます。

そう考えると加齢臭などの嫌なニオイは、コミュニケーションの上でマナーとして対策が必要だと言えます。

体臭管理というのが最低限のマナー・エチケットというのが常識になる時代なのかもしれませんね。

男性用ボディソープを選ぶ時のポイント

男性用ボディソープの選び方としては、一番大事な点は消臭力など成分の面になりますが、ただそれだけではなく、自分が望む特性を意識するのが大事です。

例えば

  • 香りが良いもの
  • とにかく消臭
  • 肌に優しいもの
  • 乾燥肌が気になるので保湿を意識したもの
  • 皮脂が気になるので油分を徹底的に洗い流したい

など、それぞれ何を優先したいのか、優先順位を意識することでボディソープ選びも納得できるものになると考えられます。

男性用ボディソープで体を洗う正しい方法

せっかく効果的な男性用ボディソープを選んだとしても、体の洗い方がよくないと十分に消臭できないかもしれません。

ですので大事なポイントを整理します。

体は最後に洗う

臭いの元になる洗いカス(シャンプーやリンス、ボディソープの洗い残し)は意識してシッカリ流すようにしましょう。

そのためにも、まずシャンプーやリンスを行い、そのあとでボディソープを使って体をシッカリ洗い、体に付着しているカスなども綺麗にまとめて洗浄しましょう。

ぬるめのお湯で洗う

熱いお湯は体の皮脂を落とし過ぎる場合があると言われています。

乾燥しやすくなる可能性もありますので、熱すぎるお湯はさけて皮膚に優しい温度で洗うように心がけましょう。

洗う前に体を濡らす

体を濡らすことで汚れを落としやすくすると言われていますので、このちょっとした行為を意識するだけで違ってくるかもしれません。

洗う時は手か柔らかい素材で洗う

硬いナイロン製のタオルでゴシゴシと肌をこすると皮膚の表面を傷めることになりますので注意が必要です。

ボディソープをつけていても素材そのものが固いと肌に影響があると言えます。

肌に負担がかかりすぎないように、肌を傷めないように、なるべく柔らかい素材で身体を洗いましょう。

体を洗うタイミング

夜もしっかりボディソープで洗いたいですが、朝の通勤で汗をかく場合も多々ありますので、それを考えると朝の出勤前にはなるべく臭いの原因になる雑菌などはしっかり落とし、肌をさっぱりさせておきたいところです。

朝のシャワーは賛否ありますので、自分の生活スタイルに合わせて、肌の雑菌を取り除くことを意識した行動を心がけてみてはいかがでしょうか。

 加齢臭に柿渋の成分は効果がある?

年齢とともに気になる男性の加齢臭ですが、人によって臭いの強さや気になりだす年齢も異なります。

体全体、特に頭皮や首あたりから強く感じるので、なかなか隠すこともできず、また自分では感じにくいので注意が必要です。

とは言っても、清潔に保っているつもりでも、すぐに臭いは出てきてしまいます。

例えば制汗スプレーを使う、食生活で脂モノを避ける、たばこなども控えるなど、いくつかの対策はありますができる範囲は限られていますし、改善が感じられるまでに時間がかかります。

もう少しいつもの生活の中で、原因のニオイそのものから改善できる方法はないかと悩む場合は柿渋成分が入ったボディソープを優先的に選ぶほうが良いかもしれません。

柿渋の効果とは?

柿渋が加齢臭に効果的というのは見たことがあるかもしれません。

ですが、どうして柿渋の成分が男性のニオイなどに良いのかピンとこないために、実際に使ってみようと踏み切れないかもしれません。

ですのでここで1度おさらいしておきますね。

柿渋には柿の渋みのもとであるタンニンが濃厚に含まれています。タンニンはポリフェノールの一種で、特に柿のポリフェノールは抗酸化力が強いので効果もしっかりと発揮してくれます。

どんな効果が期待できるかというと、まず、高い抗酸化作用で皮脂の酸化を防ぎます。

皮脂が酸化するときには臭いも強く出て、酸化した結果、黄色く変色します。

頭皮や首周りからは多くの皮脂が分泌して、空気にも触れやすい部位ですので酸化しやすいです。

ですから加齢臭も強くなりますし、首元の洋服が黄ばんでしまうのも皮脂の酸化が原因です。

また、皮脂には菌に嬉しい栄養がたっぷり含まれているので、菌の繁殖による臭いの原因にもなります。

柿渋には他にも臭いを包み込んで中和して、臭いを和らげる働きもあります。

ニオイに対していくつものアプローチで対策をしてくれますので、しつこい加齢臭でもしっかりと働いてくれる心強い味方になってくれるでしょう。

使い方はいろいろ

使い方はいろいろとあり、石鹸で体を洗う方法やサプリメントとして体内から整えるもの、スプレータイプ、ボディソープなどありますので、自分に合った方法を選ぶのがベターです。

柿渋は強力な効果を発揮してくれるのに植物性というところも安心で、肌に使っても優しくなじみも良く、敏感な肌の方でも刺激などなく使えます。

加齢臭が気になりだしたら、植物のパワーを利用して改善するように努めましょう。

まだ同時に自分の生活も見直すと、効率よく臭いの改善できて、年齢問わずいつでもさっぱりな体をキープできます。

柿渋の柿タンニンを配合したボディソープなども複数出ていますので参考にして試してみてはいかがでしょうか。

頭皮の臭いがくさい!その原因と対策とは

頭皮の臭いはどんな臭い?

男性の場合、時に気にするべきですが、頭皮の臭いというのは人それぞれいろいろな臭いがします。

若くて健康な人ならば無臭であったり、シャンプーの良い香りがしたりします。

ですが暴飲暴食をしていたり不規則な生活をしたり、年を重ねるにつれてそのような生活習慣が体の外に出やすくなります。

例えばぞうきんを絞ったような臭いや牛乳が腐ったような臭いやチーズのような強烈な臭いがする場合もあります。

頭皮の匂いなんてなかなかわからないと思う人もいるかもしれませんが、体臭と同じように自分では気がつかなくても周囲には匂っているということもあるので気をつけましょう。

特に朝起きた時に枕の臭いをかいでみて青臭いような臭いがするのであれば加齢臭などの可能性があり、自分で気がつかないだけでかなり強烈な臭いを発している可能性があります。

頭皮の臭いがクサい原因は?

頭皮の臭い原因だと考えられるのが、頭皮から出る脂分である皮脂の酸化です。油分というのは紫外線などを浴びるとどんどん酸化してしまいます。

そして皮脂も過剰に分泌されてしまうと頭皮で参加してしまい臭いを発するようになります。さらにこの参加した皮脂が、汗やほこりなどと混じることでこれを餌とする雑菌が増殖して臭いを発するようになります。

このいろいろな臭いの原因が混じることによって、何ともいえない強烈な臭いを周囲に発してしまうことになるのです。

その他にも整髪料などを使っている場合も同様で、本来は無臭であったりよい香りがするはずなのが、皮脂が酸化する臭いや雑菌が発する臭いと混ざることによって臭くなってしまいます。

頭皮の臭いがクサい時の対策とは?1

頭皮の臭いがひどい時の基本的な対策は男性用のシャンプーやボディソープで頭や体を洗うことです。

当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、手抜きをして洗い残しがあると臭いはなくなりませんし、逆にゴシゴシと力強く洗い過ぎてしまうと頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまって、余計に皮脂の分泌を促してしまうという恐れがあります。

またシャンプーを使い過ぎると頭皮や髪の毛を傷めてしまう可能性もあるので注意しましょう。そして頭を洗ったらきちんと乾燥させることが重要です。

髪の毛を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。

雑菌は匂いの原因の一つですから、濡らしたままにせずにしっかりと乾かしましょう。濡れたまま寝てしまうと臭いがひどくなる可能性があります。

頭皮の臭いがクサい時の対策とは?2

頭皮の臭いは頭皮の状態だけでなく、普段の生活習慣も影響してきます。

例えばにんにくをたくさん使った料理を食べた後は身体からにんにくの臭いがしてしまうように、脂っこい食べ物やレトルト商品など栄養が偏った食生活をしていると皮脂の分泌が増えてしまって頭皮が臭くなってしまいます。

ですから普段からバランスの良い食生活を心掛けることが大切だといえるでしょう。

また運動不足などであまり汗をかかないという人は、体臭がきつくなる傾向があります。つまり頭皮も臭くなってしまうことが考えられるので、適度な運動も臭いを防ぐ対策といえます。

ストレスも臭いがひどくなる原因の一つなので、運動などをしてストレス発散をすることも大切です。

これらは頭皮に限らず体全体に影響がありますので、シャンプーやボディソープは男性用の専門的な商品を選びたいものです。

頭皮の臭いまとめ

頭皮の臭いが臭くなる主な原因は、皮脂が過剰に分泌されてそれが紫外線などが原因で参加してしまい、さらにその皮脂などが原因で雑菌が増えてしまうことにあります。

まずは頭皮を常に清潔にしておくことが大切です。それと同時に皮脂が蚊増に分泌される原因であるストレスや生活習慣を改善していくとよいでしょう。

臭いは自分ではなかなか気がつかなくても周囲には臭っているということがあります。自分は大丈夫だと思わないで普段から気をつけてい置くことが大切です。

これは頭皮と体の全体的なものとして意識するべきですね。

加齢でも頭の臭いがする?

頭のにおいは自分では直接嗅ぐことは難しいため、自分で臭いが発生していることにはなかなか気付くことが難しい部分です。

自分で頭を指でかいたときに臭いに気付いたり、人に指摘されて気付く場合も多いものです。

しかし何もしない状態で自分で臭いに気付いた場合には、周囲には自分が感じている以上に臭いを振りまいているといえるでしょう。

加齢臭は30代からでも

加齢臭は中年の人から発生するというイメージが強いですが、近年では30歳代前後の人でも悩む人が非常に増えてきています。

このにおいの原因は脂肪酸などの物質が参加することにより発生するものです。

加齢により代謝能力が衰えると、脂肪の量が増えたり、抗酸化力が衰えてしまいます。

そのためにおいの原因となる物質の発生が高まってしまうのです。

正しく髪の毛を洗ったり、正しく汗のケアを行っていたとしてもにおう場合、30歳代や40歳代になって臭いが気になるようになったという場合には、その頭のにおいは加齢臭である疑いがあります。

加齢臭は原因物質が毛穴にある皮脂腺から発生することで生じます。

皮脂腺からは肌や髪の毛に潤いを与える皮脂が分泌されています。

この皮脂は、肌や髪の毛を乾燥から防ぐためにも必要なものです。

しかしこの皮脂に含まれている資質が、活性酸素により酸化、分解されると、においの原因となる物質に変化します。

若いうちは活性酸素を除去する力があるのでそれほど問題はありませんが、加齢によりその力が弱まり、活性酸素の量が増えてきてしまうのです。

頭皮は皮脂腺が多い

加齢臭の原因となる物質は皮脂腺から分泌されますが、体の中で頭はその皮脂腺が特に多い部分とされています。

そして髪の毛は湿気やにおいを吸収しやすいという性質があるので、頭から発生したにおいを吸収し、さらににおいを増加させてしまいます。

この対策としては、まず加齢臭自体を減らすことが大切です。

体内から酸化を抑えることで、このにおい自体を抑えることができるでしょう。

加齢臭対策

対策の一つ目には有酸素運動が挙げられます。長時間可能なジョギングや水泳などの運動を行うことで、抗酸化能力は高まります。

反対に激しい運動をすると活性酸素を増やすことにつながるので、軽度の運動を続けて行うことが効果的です。

そしてシャンプーは刺激の強すぎない適度な洗浄力のものを選びましょう。

必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、さらに多くの皮脂が分泌するようになります。

弱酸性のものを選び、石油系合成界面活性剤が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

またこのようなシャンプーを使って洗髪に工夫をするのも効果的かもしれません。

体のケアはボディソープでしっかり対応したいですね。

加齢臭は口臭にも影響する?ボディケアだけじゃなく口臭予防も

年齢を重ねると体臭が強くなり、周囲の人に不快感を与えてしまうものです。

加齢臭と呼ばれるその臭いは、ノネナールという原因物質によってもたらされるもので、さらにノネナールが何から出来ているのか調べると、過酸化脂質と脂肪酸が結びついて出来ることからわかります。

さて、この加齢臭をなんとかしたいと考えるのであれば、脂肪酸が含まれている皮脂をシャワーで取り除いたり、活性酸素の発生を防いだりすることが効果的な対策です。

そのようにボディケアをしてもなお、何らかの臭いを感じるというのであれば、それは口臭を疑ってみるべきです。

口臭もケアが大事

口が臭うというのは、臭いの強い食べ物を食べたり、歯磨きを忘れているのではなく、年齢によるものもあるからです。

ただし加齢臭によって口臭が発生するというわけではありません。加齢臭の原因は前述のようにノネナールという物質であって、それは口の中で発生するものではないからです。

では、口臭の原因は何かというと、よくあるのは歯周病菌や虫歯菌が口の中に残った食べかすなどを分解する時に発生するガスによるものと、消化器官の状態が悪く発生したガスが血液に溶け込んで体をめぐり息となって出てきてしまうものです。

それらの臭いは若い頃でも発生しうるものではあります。

ですが、若い頃は唾液量が多いので口内細菌の繁殖を防ぐことが出来ますし、消化器官も良い状態を保つことが出来るので、臭いの発生を抑える事ができていたのです。

もしも、口臭のことも気にするのであれば、加齢臭同様に原因にアプローチをして予防をすることが望ましいでしょう。

では、どのような対策が効果的か考えてみると、毎日無理なく続けられる方法はいくつかあります。

口臭予防策として

口内細菌については、細菌の繁殖を抑えるためにうがいが最適です。

ただのうがいではなく、どこの家庭でもあるものを使うということでは、お酢を使ったうがいで殺菌・消毒ができます。

それでも、何処かに残った細菌が食べかすを分解するかもしれないので、糸ようじなどで歯の隙間まで丁寧に掃除をすることは欠かせません。

次に消化器官を改善するためには、病気である可能性もあるので、まずは病院で調べてもらいましょう。

がんなど一刻も早い治療をしなければいけない場合もありますから、自己判断をするべきではありません。

単に消化器官の働きが悪いというのであれば、ヨーグルトなどの善玉菌を増やす食べ物を積極的に摂取したり、運動をして胃腸を活性化させることです。

またバランスの良い食事、睡眠、ストレスの軽減にも気を配りましょう。

加齢によって体のニオイがキツくなるのは仕方がないことですので、体臭・口臭と区別するよりトータル的なケアを心がけるほうが良いかもしれませんね。

加齢臭は飲酒も影響ある?お酒好きの体は臭いのか

お酒が好きな人は、ついつい飲み過ぎてしまったり、毎日の飲酒が欠かせなくなってしまいます。

ほどほどに飲む分には、ストレスを発散することになりますし、友人や同僚たちとの楽しい時間を過ごすことが出来ますので、問題はないでしょう。

しかし必要以上に飲んでしまうことによって、いろいろな弊害があらわれてしまうことがあるのです。

問題として出てくることには、加齢臭に影響が出てくることがありますが、飲酒と加齢臭はどのような関係があるのでしょうか。

お酒を飲めばどんなことが出てくるかというと、活性酸素が増えることになります。

活性酸素と臭いの関係

お酒を飲むときには、肝臓で分解をしていくようになりますが、必要以上に飲んでしまえばその時に活性酸素が発生することになります。

活性酸素は、体を酸化させることになりますので、加齢臭を発生させる原因になってしまうのです。

お酒と汗

それだけではなく、お酒を飲むことによって、汗が出やすい状態になります。

汗がたくさん出るときには、アルコールによるアセトアルデヒドを含んだ汗が出るようになりますので、これが加齢臭に影響がしてくるようになるのです。

あまりにも臭いがきついのは、他人に何と思われるかわかりません。

近くにもよりたくないと思われてしまってもいけませんし、人間関係や仕事にも影響が出てしまうこともあります。

周囲からのイメージ

周りからあの人は臭いという烙印を一度押されてしまうと、なかなかその印象は抜けなくなりますので、イメージが悪くならないようにしましょう。

そのためには、出来るだけ飲み過ぎないようにすることが解決の道になります。

しかし仕事上どうしても付き合いが多くて飲む機会が多い人の場合は、お酒の量を調節するのが難しくなるでしょう。

仕事で付き合いが多い人は、プライベートではできるだけ飲まないように心がけることも大切です。

そして出来るだけ、抗酸化物を摂取していくようにしてもいいでしょう。

抗酸化物の摂取

例えば、ビタミンCやカロチン、カテキン、ポリフェノールなどが代表的なものになります。

お酒を飲むときにはおつまみも一緒に摂取するようになりますが、その時には脂質を多く含んだものは避けるようにしたほうがいいでしょう。

楽しくお酒を飲んだというのに、臭いがきつくなってしまってはいけませんので、飲んだ後のことも考えて飲酒をするようにしなくてはなりません。

飲んだ後にも快適に過ごせるようにするためにも、飲み方や食べ方に気をつけておけばいいでしょう。

もちろんそれだけでOKかといえば加齢とともに難しくなりますので、体のニオイが気になるようでしたら男性用ボディソープなどで積極的に対策したいですね。

体のニオイが生臭いってどういうこと?原因と対策を調べてみました

体が生臭いって何のニオイ?

誰しも体からニオイがでてくるものですが、それが生臭いというと、何か問題があると考えたほうが良いかもしれません。

それは、体の中に出来るトリメチルアミンという物質のニオイです。

魚が腐敗して生臭くなる感じるというのは、そのトリメチルアミンという物質のためなので、同じ成分であるならば、生臭く感じるのは当然のことです。

このように体臭がトリメチルアミンによって生臭くなってしまっていることをトリメリルアミン尿症、別名魚臭症や魚臭症候群とも呼ばれます。

トリメチルアミンは環境省が定める特定悪臭物質の一つにも入っており、当然のことながら体臭として放出されているとなれば、周囲の人々に対して大きな迷惑となります。

早急に対策をしなければいけません。

その場合、体を清潔にする意味で男性用のボディソープなどを使い、しっかりとニオイを落としたいですね。

体が生臭くなる原因は?食生活?加齢?

体臭が生臭いのはトリメチルアミン尿症、いわゆる魚臭症によってトリメリルアミンが体内で大量に生成されてしまうからです。

なぜそのようなことになるのかというと、本来ならばトリメリルアミンというのは体内に生成されても、肝臓が分解してくれるので、体の外まで臭うことがありません。

しかし、肝臓の機能が衰えたり、トリメリルアミンを分解するための酵素が少なかったりすると、分解が行われなくなるので魚臭症になってしまいます。

遺伝で必要な酵素が少なかったりすることもありますが、無理なダイエットやバランスの悪い食生活によって肝臓機能が衰えたりすることでも引き起こされます。

また女性の場合には生理や出産でホルモンバランスが乱れると酵素の働きが弱くなるので、男性よりも魚臭症になりやすい傾向があります。

体が生臭い時の対策は?1

体が生臭いときの対策としては、根本から治していくためにトリメリルアミンの量を減らせる体にしていきます。

トリメリルアミンの材料となる物質が多く含まれているのは、卵や大豆、肉、乳製品などです。

特に食事療法をしていくならば、「低コリン食事療法」を心がけると良いでしょう。

低コリン食事療法というのは、ビタミンのような働きをするビタミン様作用物質のひとつで、前述の卵や大豆などに多く含まれています。

コリン自体は、体を動かすために必要な栄養素のひとつですから、全く摂らないということもできないので、一日あたりの摂取量を決めてその範囲内に納めるのです。

ただし、妊娠中や幼い子供の場合にはコリンの必要量が多くなるため、低コリン食事療法は難しくなります。

体臭が生臭い時の対策は?2

生臭い体というのは、体内出できたトリメリルアミンが原因なので、それを完全に抑えることは難しい問題です。

しかし、ニオイを軽減するすることは出来ます。トリメリルアミンが体の外に出てくる経路としては、口、汗、尿というのが主なところです。

口すなわち呼気が生臭いというのであれば、例えばお茶などに含まれるポリフェノールが消臭効果を持つので試してみる価値があります。

汗はシャワーを浴びてボディソープで流したり、制汗剤で汗が出てくるのを抑えるということでニオイを軽減できます。

尿に関しては、用が済んだら流せば良いのであまり気にすることはありません。ちなみに、汗が染み込んだ服にもニオイが移ってしまう可能性があります。

洗濯をしてもニオイが残ったままになることが多い場合はニオイを落とすために洗濯時に重奏やお酢を使う工夫をするのも良いかもしれません。

体が生臭い時の対策まとめ

普通の体のニオイとは違い、生臭いニオイのする魚臭症は防ぐことが難しい病気です。

なぜこのような病気がおきてしまうのかというと、先天的な病気や偏った食事、ダイエットなどによってトリメリルアミンという物質が大量にできてしまうことが原因です。

トリメリルアミンの量を減らすために食事療法をしたり、ニオイを抑えるために消臭効果のある工夫をしたりと言うことが必要になります。

周囲の人達に迷惑をかけることにつながりますので可能な対策を心がけたいですね。

男性用ボディソープランキングまとめ

ここまで男性用のボディソープのランキングを含めて男性特有のニオイやその対策、その他ニオイに関する情報などを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

女性もそうですが、男性は特に体のニオイが加齢とともにどうしても強くなりますので、誰でも体臭はするという考えで、その嫌な男性特有のニオイをどう対策するか、という考え方に変えていくのが賢明です。

その対策のための男性用ボディソープは最近特に良い商品が出てきています。

今回ランキング1位となったデオシークは最近販売され注目を集めている男性用ボディソープが、その前に人気のあったクリアネオボディソープも侮れません。

もし、男性特有のニオイが気になっているようでしたら当ページの男性用ボディソープランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連コラム

ランキングボディソープの詳細・口コミ