1. HOME
  2. ≫加齢臭はいつから?年齢的に加齢臭を気にするべきは何歳からか

加齢臭はいつから?年齢的に加齢臭を気にするべきは何歳からか

加齢臭のにおいの特徴としては油のようなにおい、古い本、ろうそくのロウのようなにおいというような言葉で表現されることが多く見られます。

一般的には中年の人にその症状がみられるというイメージがある人が多いでしょう。

それでは具体的には、いつから気にするべきなのでしょうか。

加齢臭はいつから?

加齢臭が発生するのは、一般的には男性が40歳代前後、女性の場合には50歳代から閉経後に発生するのが平均といわれています。

またそのニオイは強い人もいれば弱い人もいて、個人差が大きく見られます。

そのためいつからにおいを気にするべきなのかという年齢も、個人差が大きいといえます。

若い人でも加齢臭が発生することは可能性としてはあり得ることで、20歳代から30歳代の人でも症状がみられることがあります。

しかし20歳代から30歳代の人の中には、単なる思いこみである場合も多く見られます。

周囲の人が顔をしかめたり、鼻をつまんだりする様子を見て、自分の体臭が原因でそのような仕草をするのだと思い込んでしまうことがあるのです。

このような状態になる人の特徴としては、まじめな人、繊細な人、几帳面な人によく見られるといわれています。

これはは精神疾患の一つであり、対人関係から引き起こされるストレスにより現れるといわれています。

しかし実際に、加齢臭の発生が低年齢化してきているのは事実です。

以前までは男性の場合には40歳代後半が平均的でしたが、近年では35歳から40歳の間で発症する人が非常に増えてきています。

加齢臭と食生活

その理由には食生活や生活習慣が大きくかかわっています。

また女性の中には女性ホルモンのバランスが崩れて、においの発生を促してしまう人も増えています。

ファーストフードや外食、インスタント食品などの食事が中心となっている場合や喫煙、運動不足、ストレスなどは、においの原因物質となる活性酸素を増やす原因となります。

このような生活習慣は、現代特有のにおいの悩みと言えるでしょう。

このような生活習慣が加齢臭の原因を作るとわかっているのであれば、生活習慣を改善することでニオイの原因を抑えることができるでしょう。

忙しい生活の中でもインスタント食品や外食を減らし、自炊ができなくても、食事内容を考えるだけでも、健康的にはよい方向へと変えることができるでしょう。

そして生活習慣の改善とともに、体を清潔に保つことも必要不可欠です。

ふだん着にせずに入っているお風呂も、少し念入りに工夫をすることで、清潔のレベルを上げることができます。

正しい髪の毛の洗い方を知り、殺菌作用のある石鹸などで体をしっかり洗うことも効果的です。