お酒が好きな人は、ついつい飲み過ぎてしまったり、毎日の飲酒が欠かせなくなってしまいます。

 

ほどほどに飲む分には、ストレスを発散することになりますし、友人や同僚たちとの楽しい時間を過ごすことが出来ますので問題はないでしょう。

 

しかし必要以上に飲んでしまうことによって、いろいろな弊害があらわれてしまうことがあるのです。

 

問題として出てくることには、加齢臭に影響が出てくることがありますが、飲酒と加齢臭はどのような関係があるのでしょうか。

 

お酒を飲めばどんなことが出てくるかというと、活性酸素が増えることになります。

活性酸素と臭いの関係

お酒を飲むときには、肝臓で分解をしていくようになりますが、必要以上に飲んでしまえばその時に活性酸素が発生することになります。

 

活性酸素は、体を酸化させることになりますので、加齢臭を発生させる原因になってしまうのです。

お酒と汗

それだけではなく、お酒を飲むことによって、汗が出やすい状態になります。

 

汗がたくさん出るときには、アルコールによるアセトアルデヒドを含んだ汗が出るようになりますので、これが加齢臭に影響がしてくるようになるのです。

 

あまりにも臭いがきついのは、他人に何と思われるかわかりません。

 

近くにもよりたくないと思われてしまってもいけませんし、人間関係や仕事にも影響が出てしまうこともあります。

飲み過ぎないことが大事

周りからあの人は臭いという烙印を一度押されてしまうと、なかなかその印象は抜けなくなりますので、イメージが悪くならないようにしましょう。

 

そのためには、出来るだけ飲み過ぎないようにすることが解決の道になります。

 

しかし仕事上どうしても付き合いが多くて飲む機会が多い人の場合は、お酒の量を調節するのが難しくなるでしょう。

 

仕事で付き合いが多い人は、プライベートではできるだけ飲まないように心がけることも大切です。

そして出来るだけ、抗酸化物を摂取していくようにしてもいいでしょう。

抗酸化物の摂取

例えば、ビタミンCやカロチン、カテキン、ポリフェノールなどが代表的なものになります。

 

お酒を飲むときにはおつまみも一緒に摂取するようになりますが、その時には脂質を多く含んだものは避けるようにしたほうがいいでしょう。

 

楽しくお酒を飲んだというのに、臭いがきつくなってしまってはいけませんので、飲んだ後のことも考えて飲酒をするようにしなくてはなりません。

 

飲んだ後にも快適に過ごせるようにするためにも、飲み方や食べ方に気をつけておけばいいでしょう。

 

もちろんそれだけでOKかといえば加齢とともに難しくなりますので、体のニオイが気になるようでしたら男性用ボディソープなどで積極的に対策したいですね。

 

>>男性用ボディソープランキングはこちら

コラムの関連記事
  • 加齢臭ボディソープでワキガ対策も?
  • 体のニオイが生臭い時の原因と対策
  • 加齢臭が気になったら柿渋の成分を使ったほうがいいの?
  • 頭皮の臭いがくさい!その原因と対策とは
  • 加齢臭は口臭にも影響する?ボディケアだけじゃなく口臭予防も
  • 加齢臭は飲酒も影響ある?お酒好きの体は臭いのか
おすすめの記事
コラム
誰しも体からニオイがでてくるものですが、それが生臭いというと、何か問題があると考えたほうが良いかもしれません。   それは、体の中に出来るト...
コラム
昔から首の後ろが臭うという表現が使われますが、これは耳の裏側から臭っていることが少なくありません。   耳の後ろというのは非常に加齢臭が発生...