1. HOME
  2. ≫首の後ろが臭い!その原因と対策とは

首の後ろが臭い!その原因と対策とは

首の後ろが臭いって実際どの辺?

昔から首の後ろが臭うという表現が使われますが、これは耳の裏側から臭っていることが少なくありません。

耳の後ろというのは非常に加齢臭が発生しやすく、頭皮以上の臭いを発する場合もあると言われています。

耳の後ろの凹んだ部分を触ってみて、指を嗅いでみるといいでしょう。

体臭・加齢臭が強い部位なので、ここは入念に洗浄しておく必要があります。

耳をきちんと洗浄しているのに臭うという場合は、本当に首の後ろが発していることもあります。

この場合に関しては洗髪時のシャンプーを完全に洗い落としていない可能性があります。

シャンプーというのは想像以上に頭皮に残りやすく、よく洗浄しないと液剤が残ってしまうのです。

襟足が臭うという方は洗髪を今までより入念に行っていきましょう。

首の後ろが臭い原因とは?

加齢臭は首の後ろから発生することもあり、40代くらいから臭い始めるという方が多いです。

女性と比べて男性のほうが臭う傾向がありますが、これにはノネナールと皮脂が関係しています。

加齢によってこれらの成分の分泌が活発になり、より強力な体臭となるわけです。

今までと異なる臭いを感じた場合は、加齢臭の可能性が高いと言えるでしょう。

加齢によって代謝が悪くなると、体内に老廃物を溜め込みやすくなります。

これらの排出がスムーズに行かないと、体臭も強くなってくるのです。

便秘になると体臭・口臭が強くなることが多いですが、ちょうどこの感覚に似ています。

油臭、ロウソク臭、古本臭などが急に発生するようになったら、加齢臭の可能性が高いと言えます。

首の後ろが臭いなら他もヤバい?

首の後ろは耳の後ろと同じく、非常に体臭や加齢臭が発生しやすい部位です。

ワキガ・すそワキガなどよりは少し臭いが弱いことが多いですが、首の後ろが臭っているということは、ワキやデリケートゾーンの臭いはそれ以上に強い可能性があります。

体臭は代謝低下によって強くなるので、肥満体質の方は注意してください。

体脂肪が増えるほど体臭も強くなりやすいので、頭皮臭にも注意するべきでしょう。

自分で自覚することが難しい部位ですが、頭皮は顔の3倍も皮脂分泌が多いと言われています。

過剰な皮脂は酸化を招きやすく、それによって悪臭を強く発生させることがあります。

洗髪前の頭皮を触ってみて、悪臭が強いと感じたらシャンプーをより入念にするように意識しましょう。

首の後ろが臭い時の対策は?

首の後ろが臭いと感じる場合は、洗髪を今までより入念に行ってみましょう。

襟足にシャンプーが残ることは多いので、今までより2~3分多くすすぐように意識してください。

これで解消しない場合は加齢臭の可能性があるので、まずは代謝を活発にしていく対策が必要でしょう。

代謝がよくなればノネナールや皮脂も排出されやすい状態になるからです。

食生活では動物性の脂肪・タンパク質の摂りすぎに注意する必要があります。

これらの摂りすぎによって臭いが強くなることは多いので、野菜と魚介類の割合を増やしていきましょう。

大豆はホルモンバランスを調整する役割があるので、体臭を抑えるために役立ちます。

男性ならノコギリヤシのサプリを飲むことで、皮脂が減少して体臭が軽減するケースもあります。

首の後ろや体臭のまとめ

首の後ろはもともと臭いが発生しやすい部位ですが、生活習慣が同じにも関わらず臭うようになったら加齢臭だと考えられます。

加齢臭は一般的に40代、早ければ30代から発生します。

女性には無縁と考える方もいますが、加齢臭物質のノネナールは男女を問わずに加齢によって分泌が増えるものです。

首以外では耳の後ろも非常に臭うことが多いので、定期的にチェックしておく必要があるでしょう。

それ以外では頭皮、ワキ、デリケートなどが体臭の出やすい部位です。

体臭対策はどうすればいい?

これらを放置する場合、自分ではそれほど苦痛はなくても、周囲が非常に迷惑する可能性があります。

ですので周りのことを考えるのであれば、体臭ケアは非常に大事になり、しっかり対策しようと考えると、専門的な消臭剤が望ましいという結論になります。