1. HOME
  2. ≫体臭を消す食べ物って何?それを食べるだけで体臭対策は万全か

体臭を消す食べ物って何?それを食べるだけで体臭対策は万全か

そもそも体臭の原因は?

体臭の原因にはいくつかありますが、特に食べ物による影響が大きいといわれています。

身体から分泌されている汗や皮脂が酸化すると、強い臭いを発生する過酸化脂質という物質に変化します。

つまり、汗の量が増えたり、皮脂分泌量を増加させてしまう食べ物は、避けたほうが良いということになります。

体臭を強めてしまう食べ物として、脂質を多く含む高カロリーな食事、アルコール類などが挙げられます。

食べ物によって体臭が変化するのなら、逆に体臭を消す食べ物というのが存在しているという考えが成り立つのではないでしょうか。

体臭が気になり、デオドラントケアを毎日心がけているとしても、それだけでは物足りない、そんな場合には食べ物に気を配ってみるのも良いでしょう。

体臭を消す食べ物はあるか?

臭いが強まる原因から、体臭を消す食べ物について考えると、汗や皮脂の分泌を促進しない、ということが条件として挙げられるでしょう。

油分の多い食事、発汗を促すような食品は、臭いのもととなる皮脂や汗を増加させてしまいます。

逆に、油分が少なく低カロリーで健康的な食事を摂ることで、体臭をある程度低減することができるでしょう。

にんにくやニラなど、臭いの強い食べ物を避けることも、体臭対策になります。

また、ジャンクフードやインスタント食品には、食品添加物が含まれているため、消化が進みにくく、体臭の元になりやすいといわれています。

こうした臭いを強める食品を避け、健康的な食生活を送ることが、体臭予防の第一歩だといえるでしょう。

消臭のために現実的な対策は?

しかし、体臭が気になるからと言って、毎日常に外食を避け、野菜ばかりを食べるというわけにはいきません。

普段の生活を続けていく上で、無理なく体臭対策をするのなら、どんな工夫をするべきでしょうか。

皮脂や汗の酸化によって臭いが発生することから、抗酸化作用のある食品を摂ることが、体臭対策になると考えられます。

体臭を消す食べ物として、抗酸化作用のあるハーブやオリーブオイル、レモンなどを挙げることができるでしょう。

これらの食品を積極的に摂取することで、身体の酸化を防ぎ、臭いの発生を低減することが期待できます。

また、抗酸化作用のあるビタミン類を多く含む、サプリメントなどを服用するのも、一つの手かもしれません。

消臭に腸内環境を整えることも?

腸内の環境が乱れていたり、悪化している場合にも、口臭や体臭が強くなってしまいます。

腸内環境が悪くなると、腸の中で発生した臭いの元となる物質が、きちんと排出できなくなると、いわれているのです。

腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、アンモニアや硫化水素といった物質が増加し、体臭に悪影響を及ぼしてしまいます。

つまり、腸内環境を整えてくれる食べ物も、体臭を消す食べ物の一つだといえるでしょう。

腸内環境を整える食べ物として、ヨーグルトや納豆、味噌などの発酵食品や、乳酸菌飲料などを挙げることができます。

ただし、体臭予防という観点から考えると、なるべく臭いが少なく、食物繊維が豊富な食品を、選ぶことが大切でしょう。

体臭を消す食べ物まとめ

体臭を消す食べ物の条件として、まず汗や皮脂の分泌を促進しないこと、そして腸内環境を悪化させないことが挙げられます。

カロリーや油分が控えめで、お腹に優しい食事を摂ることが、体臭対策に良いといえるでしょう。

食事によって体臭は大きく左右されますが、身体の内側からだけでなく、外側からのデオドラントケアも大切です。

また、寝不足や疲労によって体臭が強まることもありますので、普段から健康的な生活を心がけることが大切です。

そのうえで、ボディソープなどで身体の表面も清潔にすることで、さらに臭いを防ぐことにつながると言われています。