頭皮のニオイは自分では直接嗅ぐことは難しいため、自分で臭いが発生していることにはなかなか気付くことが難しい部分です。

 

自分で頭を指でかいたときに臭いに気付いたり、人に指摘されて気付く場合も多いものです。

 

しかし何もしない状態で自分で臭いに気付いた場合には、周囲には自分が感じている以上に臭いを振りまいている可能性がありますので注意が必要です。

頭皮の臭いはどんな臭い?

男性の場合、特に気にするべきですが、頭皮の臭いというのは人それぞれいろいろな臭いがします。

 

若くて健康な人ならば無臭であったり、シャンプーの良い香りがしたりします。

 

ですが暴飲暴食をしていたり不規則な生活をしたり、年を重ねるにつれてそのような生活習慣が体の外に出やすくなります。

 

例えば、ぞうきんを絞ったような臭いや牛乳が腐ったような臭いやチーズのような強烈な臭いがする場合もあります。

 

頭皮の匂いなんて中々分からないと思う人もいるかもしれませんが、体臭と同じように自分では気がつかなくても周囲には匂っているということもあるので気をつけましょう。

 

特に朝起きた時に枕の臭いをかいでみて青臭いような臭いがするのであれば加齢臭などの可能性があり、自分で気がつかないだけでかなり強烈な臭いを発している可能性があります。

 

>>男性用ボディソープランキングはこちら

加齢臭は30代からでも

加齢臭は中年の人から発生するというイメージが強いですが、近年では30歳代前後の人でも悩む人が非常に増えてきています。

 

このにおいの原因は脂肪酸などの物質が参加することにより発生するものです。

 

加齢により代謝能力が衰えると、脂肪の量が増えたり、抗酸化力が衰えてしまいます。

 

そのためにおいの原因となる物質の発生が高まってしまうのです。

 

正しく髪の毛を洗ったり、正しく汗のケアを行っていたとしてもにおう場合、30歳代や40歳代になって臭いが気になるようになったという場合には、その頭のにおいは加齢臭である疑いがあります。

頭皮の臭いがクサい原因は?

加齢臭の原因物質

加齢臭は原因物質が毛穴にある皮脂腺から発生することで生じます。

 

皮脂腺からは肌や髪の毛に潤いを与える皮脂が分泌されています。この皮脂は、肌や髪の毛を乾燥から防ぐためにも必要なものです。

 

しかしこの皮脂に含まれている資質が、活性酸素により酸化、分解されると、においの原因となる物質に変化します。

 

若いうちは活性酸素を除去する力があるのでそれほど問題はありませんが、加齢によりその力が弱まり、活性酸素の量が増えてきてしまうのです。

頭皮から出る皮脂と雑菌の増殖

同じように頭皮の臭い原因だと考えられるのが、頭皮から出る脂分である皮脂の酸化です。油分というのは紫外線などを浴びるとどんどん酸化してしまいます。

 

そして皮脂も過剰に分泌されてしまうと頭皮で酸化してしまい臭いを発するようになります。

 

さらにこの参加した皮脂が、汗やほこりなどと混じることでこれを餌とする雑菌が増殖して臭いを発するようになります。

 

このいろいろな臭いの原因が混じることによって、何ともいえない強烈な臭いを周囲に発してしまうことになるのです。

 

その他にも整髪料などを使っている場合も同様で、本来は無臭であったりよい香りがするはずなのが、皮脂が酸化する臭いや雑菌が発する臭いと混ざることによって臭くなってしまいます。

頭皮は皮脂腺が多い

加齢臭の原因となる物質は皮脂腺から分泌されますが、体の中で頭はその皮脂腺が特に多い部分とされています。

 

そして髪の毛は湿気やにおいを吸収しやすいという性質があるので、頭から発生したにおいを吸収し、さらににおいを増加させてしまいます。

 

この対策としては、まず加齢臭自体を減らすことが大切です。

 

体内から酸化を抑えることで、このにおい自体を抑えることができるでしょう。

頭皮の臭いは生活習慣や食事の影響も

頭皮の臭いは頭皮の状態だけでなく、普段の生活習慣も影響してきます。

 

例えばにんにくをたくさん使った料理を食べた後は身体からにんにくの臭いがしてしまうように、脂っこい食べ物やレトルト商品など栄養が偏った食生活をしていると皮脂の分泌が増えてしまって頭皮が臭くなってしまいます。

 

ですから普段からバランスの良い食生活を心掛けることが大切だといえるでしょう。

頭皮の臭いがクサい時の対策とは?

頭皮の臭いがひどい時の基本的な対策は男性用のシャンプーやボディソープで頭や体を洗うことです。

 

当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、手抜きをして洗い残しがあると臭いはなくなりませんし、逆にゴシゴシと力強く洗い過ぎてしまうと頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまって、余計に皮脂の分泌を促してしまうという恐れがあります。

 

またシャンプーを使い過ぎると頭皮や髪の毛を傷めてしまう可能性もあるので注意しましょう。そして頭を洗ったらきちんと乾燥させることが重要です。

 

髪の毛を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。

 

雑菌は匂いの原因の一つですから、濡らしたままにせずにしっかりと乾かしましょう。濡れたまま寝てしまうと臭いがひどくなる可能性があります。

シャンプーなどの選び方

シャンプーは刺激の強すぎない適度な洗浄力のものを選びましょう。

 

必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、さらに多くの皮脂が分泌するようになります。

 

弱酸性のものを選び、石油系合成界面活性剤が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

 

加齢臭が気になって頭皮をしっかり綺麗にすることを考えるなら、同じように体のほうもニオイが発生している可能性が高いため、体のケアはボディソープでしっかり対応したいですね。

 

殺菌や抑臭などの対策をきちんと考えた場合、シャンプーやボディソープは男性用の専門的な商品を選びたいものです。

適度な運動も必要?

 

運動不足などであまり汗をかかないという人は、体臭がきつくなる傾向があります。つまり頭皮も臭くなってしまうことが考えられるので、適度な運動も臭いを防ぐ対策といえます。

 

対策の一つ目には有酸素運動が挙げられます。長時間可能なジョギングや水泳などの運動を行うことで、抗酸化能力は高まります。

 

ちなみに激しい運動をすると活性酸素を増やすことにつながるので、軽度の運動を続けて行うことが効果的です。

 

ストレスも注意

ストレスも臭いがひどくなる原因の一つなので、自分がリラックスできる行動や環境などでストレス発散をすることも大切です。

 

これらは頭皮に限らず体全体に影響がありますので、意識したいですね。

 

頭皮の臭いまとめ

頭皮の臭いが臭くなる主な原因は、皮脂が過剰に分泌されてそれが紫外線などが原因で参加してしまい、さらにその皮脂などが原因で雑菌が増えてしまうことにあります。

 

まずは頭皮を常に清潔にしておくことが大切です。それと同時に皮脂が蚊増に分泌される原因であるストレスや生活習慣を改善していくとよいでしょう。

 

臭いは自分ではなかなか気がつかなくても周囲には臭っているということがあります。自分は大丈夫だと思わないで普段から気をつけてい置くことが大切です。

 

これは頭皮と体の全体的なものとして意識するべきですね。

 

>>男性用ボディソープランキングはこちら

 

コラム】の関連記事
  • 加齢臭ボディソープでワキガ対策も?
  • 体のニオイが生臭い時の原因と対策
  • 加齢臭が気になったら柿渋の成分を使ったほうがいいの?
  • 頭皮の臭いがくさい!その原因と対策とは
  • 加齢臭は口臭にも影響する?ボディケアだけじゃなく口臭予防も
  • 加齢臭は飲酒も影響ある?お酒好きの体は臭いのか
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
口コミ
デオラは厳選された5つの洗浄成分を高配合した男の汗・アブラ汚れ対策のボディソープです。 デオラの成分 成分は柿タンニン、茶葉エキス、葉緑...
コラム
加齢臭ボディソープをチェックしているということは、自分の体臭が気になるからですよね。 体臭が気になっている場合、単に汗臭いのか...
コラム
昔から首の後ろが臭うという表現が使われますが、これは耳の裏側から臭っていることが少なくありません。 耳の後ろというのは非常に加齢臭が発...