1. HOME
  2. ≫ツーンとした臭いがしたら加齢臭?効果的な体臭対策とは

ツーンとした臭いがしたら加齢臭?効果的な体臭対策とは

ツーンとしたニオイの原因は?

40代や50代以降の男性の近くに寄ると、ツーンとした臭いが鼻を突くことがあります。

近くに寄ると感じられるだけでなく後ろを歩いているだけでも臭いが漂ってくるほどで、これは加齢臭と呼ばれる中年独特の臭いです。

年齢を重ねることによって多くの人から発せられる臭い。

男性だけではなく女性にもあり、首の後ろや耳の後ろから発せられることが多く使用した枕には臭いが残るほど強烈です。

加齢臭の原因物質は脂肪酸と過酸化脂質が結びつくと生まれてしまう「ノネナール」です。

中年になると身体の抗酸化作用が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えてしまうのです。

するとノネナールが生まれやすくなり、独特の臭いが体臭として定着してしまうのです。

ツーンとしたニオイがあったら加齢が原因?

ツーンとした臭いは加齢臭であることが多く、その名の通り加齢が原因です。

加齢によって脂肪酸と過酸化脂質が増えて臭いの原因物質であるノネナールが生まれることが加齢臭の主な要因ですが、他にも加齢を理由として発せられる臭いがあります。

メタボリック症候群という言葉は有名ですが、メタボになった人は不規則な生活習慣を続けていて、さらに食生活も肉食が多いなど臭いを誘発することが多いのです。

するといわゆるメタボ臭が発生してしまい、加齢臭と合わせて独特の臭いになってしまいます。

ほかにも肝機能の低下やストレスが原因となって免疫機能が低下することによって疲労臭も生まれ、これらは加齢に伴って発生しやすくなるため、年を取ったことが臭いの根源だと言えるのです。

ツーンとしたニオイの時に気を付けることは?

加齢臭は強烈な臭いですが、そんなすごい臭いなのに意外と自分では気付かないケースが多いと言われます。

家族や他人から指摘されて初めて意識することが多く、自分がツーンとした臭いを発していることに気付いたらすぐに対策を練ることが求められます。

まず、お風呂に入ったときに加齢臭が発せられる箇所として多い耳の後ろや首の後ろをしっかりと洗いましょう。

加齢臭は水に溶けにくいという性質があるため、石鹸に加えてボディタオルを使ってしっかりと洗うことが大切です。

こうすることで皮脂を洗い流すことができ、加齢臭が薄まります。

しかし、一度洗っただけではそのときだけの一時的なものに過ぎないため、継続して洗い続けることが大切です。

お風呂に入ったときは意識して洗うことを心がけましょう。

ツーンとしたニオイ対策で食生活も気を付けよう

加齢臭は食生活によって臭いの量が大きく左右されます。

そのためツーンとした臭いを消したいのであれば食生活に気をつけることも必要です。

肉やお酒は控えて、野菜を中心とした食生活にすることが一番の近道です。

野菜や食物繊維は臭いの原因物質であるノネナールの発生を抑える効果があります。

また、お酒もビールや焼酎ではなく赤ワインにするとポリフェノールが摂取できて臭いを抑制できます。

さらに、肌着として防臭シャツを着ることも有効な対策です。

臭いを抑えるために生活を改善している途中の場合はどうしても加齢臭が発せられてしまいますが、肌着として防臭シャツを着ていればある程度は臭いを外に出さずに服の中でとどめてくれるのです。

ツーンとしたニオイのまとめ

ツーンとした臭いは加齢による加齢臭が原因であることがほとんどです。

加齢臭は自分では気になりませんが周囲にいる人には大迷惑となる臭いです。

周囲の人にとっては臭いがきつい人の隣に座るだけでも苦行となり、会社では席を離れることが出来ないため非常にストレスが溜まってしまうのです。

そうならないためにも、自分が加齢臭を発しているという自覚を持ち、自分の臭いのせいで周囲に迷惑を掛けないために対策に取り組むことが大切ですね。